脱毛サロンってこんな感じか

料金、脱毛の仕方、脱毛できる部位は、脱毛サロンによってさまざまです。選ぶのに迷ってしまいます。脱毛サロン選びで迷ったら、無料カウンセリングを受けてみましょう。カウンセリングを受けると脱毛サロンの雰囲気やスタッフの対応、脱毛の特徴、料金などがわかります。複数を比較して、自分の希望に合ったサロンを選んでください。一度訪れていると雰囲気がわかって安心できるメリットもあります。
多くのサロンが無料でカウンセリングを行っているので、気軽に受けることができます。勧誘が心配なときは、勧誘を一切しないと公式サイトで発表している脱毛サロンを訪れるとよいです。もしも勧誘されても断ることができるので、遠慮せずに断ってください。

 

VIOラインの脱毛をしておくと、ムレにくくなって臭いやかぶれのトラブルを防ぐことができます。アメリカでは一般的で、日本でも浸透しつつあります。
脱毛で一番痛い部位はVIOラインです。デリケートなので強い痛みが伴います。カミソリなどで自己処理をすれば痛みがないけど、手が届きにくいしデリケートなので自己処理はあまりしない方がよいです。脱毛サロンでプロに任せるのが安心です。
VIOラインの脱毛は痛いだけでなく恥ずかしさもあります。スタッフは慣れているので気にしないかもしれませんが、受ける方は恥ずかしいです。痛さと恥ずかしさで、施術中は早く終わらないかとずっと考えてしまいます。しかし、VIOラインの脱毛をして得られるメリットは大きいので我慢が大切です。

 

 

キャンペーンが安い。でも通常料金も見ておくこと。

お試しキャンペーンでかなり低価格のワキ脱毛を受けられるからといって、疑う必要は断じてありません。脱毛デビューするお客様だからこそ、ますますきめ細やかにいたわりながらワキの毛を無くしてくれます。
レーザーを用いた脱毛という脱毛方法は、レーザーの“黒色の所だけにエネルギーが集中する”という性質を活用し、毛包近くにある発毛組織にダメージを与えるという永久脱毛の技術です。
全身脱毛をしてあるか否かでは周囲からどう見られるかも違いますし、まずその人自身の心の在りようが昔とは違ってきます。もちろん、一般の私たちだけでなく女優の大半が脱毛を終えています。
現実的にエステで受けられるワキ脱毛を開始したきっかけで、一番よく耳にするのは「友人間のクチコミ」だと聞いて、ちょっと意外な気がしませんか?学校を卒業して、金銭的にそこそこ余裕ができて「忙しくなったし、私も脱毛しよう!」というような経緯は少なくありません。
「会社からの帰路の途中に」「ショッピングのついでに」「カレとのデートの前に」などの何かの用事プラス脱毛サロンというコースができるような店探し。これが思ったよりも外せないポイントとなるのです。
美しい仕上げのムダ毛処理を実現するには、脱毛サロンでエステティシャンに任せるのが最善の方法です。今ではどのエステサロンでも、初めて脱毛をする客が対象の無料サービスなどがあり、人気を博しています。
単純に全身脱毛と言っても、施設によって脱毛することができるエリアや数も異なるので、みなさんが何が何でもスベスベにしたい体の部位が対象なのかも説明してもらいましょう。
人気のあるエステサロンの中には、21時くらいまで施術OKという嬉しい施設もザラにあるので、お勤め帰りに足を向けて、全身脱毛の一部をしてもらえるため働く女性から高評価を得ています。
ワキやヒザ下だけの脱毛だったら構わないのですが、エステでの全身脱毛になるとどうしても施術時間が長くなるし、12カ月以上お世話になるはずですから、施術してもらう部屋の雰囲気をちゃんと見てから依頼するように意識してください。
一番人気のワキの永久脱毛は、急いでサロンへ駆け込むのではなく、まずはサロンスタッフによる無料カウンセリング等に行き、脱毛のことが多く書かれているサイトや雑誌で入念に店舗情報を見てからお願いしましょう。
体毛がある状態だと菌の温床になりやすくて不衛生になりやすく、嫌なニオイの原因となります。反面、人気のフェイス脱毛をしていると、菌が付くのも防げるため、二次的にニオイの軽減が期待できます。
体の部位において、フェイス脱毛は大変ニーズが高い部分で、フェイスラインのアンダーヘアは何とかしたいと感じているけれど、まったく毛が無い状態は私には無理だな、と決めかねている女子もたくさんいることでしょう。
みなさんが脱毛サロンへ出かけるのは、2〜3ヶ月ごとになります。多くてもそれくらいなのですから、自分へのご褒美のつもりで買い物帰りに気楽に訪れられるといった店舗のチョイスをするのがベストです。
お得な金額に意欲をなくして適当にあしらわれる恐れはありません。ワキ脱毛コースだけなら数千円程度で施術してもらえるはずです。キャンペーン内容の情報収集をして納得いくまで検討してください。
サロンスタッフによる無料カウンセリングをうまく活用してしっかりと店舗を比較検討し、色々な脱毛サロンや脱毛エステの候補から、自分自身に一番マッチした脱毛専門エステを調べ上げましょう。

 

 

選ぶのは料金が基本だけど、スタッフの質はほんとに大事。

脱毛エステを選択する場合に大事なのは、料金の安さだけではないのです。やはりエステティシャンの対応が親切だったり、楽しいひとときをもたらしてくれることも大切な要素になるはずです。
女だけの集まりで出る美容系の曝露話で思いのほか多かったのが、現段階ではムダ毛が発毛してこないけれど数年前は他の人よりも毛深かったってトークする女の人。そんな人は九分九厘、医療施設やエステサロンへ全身脱毛に通っていました。
足脱毛は一度受けただけでちっとも発毛しなくなる夢のような話ではありません。足脱毛に通い続ける期間は標準的には5回前後で、3カ月前後で一度サロン通いをすることが要されます。
脱毛クリームや除毛用のクリームはコストパフォーマンスも良く、自宅のお風呂などで容易にできる脱毛の方法です。毛抜きを使う方法もありますが、腕や脚のムダ毛では脱毛箇所としてはかなり広範囲の毛の除去になるため不向きなのです。
髪の毛をまとめ上げた際に、色気のあるうなじだと胸を張って言いきれますか?うなじの毛の再生を阻止する永久脱毛は大体40000万円から施術しているエステサロンがいっぱいあるそうです。
近頃では、脱毛サロンがないような都市はない!で争い合うことで、非常にコストパフォーマンスの高い販促キャンペーンを用意したり、を体感できる脱毛エステという嬉しい時代になりました。
毛の作られる日にちや、人によるバラつきも当然のことながら関係してくることですが、足脱毛は何度も繰り返すうちに発毛しにくくなったり、存在感がなくなってきたりすることが体感できるはずです。
プロの手による全身脱毛に要する1日分の拘束時間は、エステや脱毛専門店によってまちまちですが、90分前後やる店が一番多いと言われています。半日がかりという長時間の店も割と見られるようです。
脱毛エステの脱毛施術を受ける人が増加の一途を辿っていますが、コースが終わる前に離脱する女性も結構います。理由について調べてみると、痛くて続けるのが苦手だという意見が多いという側面もあります。
脱毛専門店では、弱い光を用いるフラッシュ脱毛が中心で、医療レーザー機器を利用した美容クリニックにおける全身脱毛は、強いレーザーを出せるため、レーザーの弱いエステティックサロンよりは来店する回数や脱毛期間が短い傾向がみられます。
種類の違いによってはムダ毛処理にかかる時間はもちろん違いますが、家庭用脱毛器ではピンセットや毛抜きなどと対比させると、大幅に簡単に実践できるのは確かです。
広範囲に及ぶ全身脱毛をしてもらう時間は、体毛の量や色、質感などによって想像以上に変わり、剛毛と言われているような濃くて針金のような毛のタイプでは、1日分の処理の時間も膨らむパターンが多いです。
ムダ毛処理の方法として多くの人が使っているものには、脱毛ワックスや脱毛クリームなどがあります。それぞれドラッグストアやディスカウントストアで仕入れることができ、意外とリーズナブルなのでたくさんの人が使うようになりました。
医療レーザーは光が強く、高い効果を期待できるのですが、お金はかかります。顔脱毛を希望しているなら、どちらかというとアンダーヘアが濃い方は美容クリニックでの顔脱毛が向いていると個人的には思います。
永久脱毛で用いられるレーザーをピンポイントに浴びせることで、毛母細胞を壊すので、次に生えてくる体毛は太くなくて短く、真っ黒ではないものになる人が多いです。

 

全身コースがトータルで一番安くなる。

全身脱毛を施すのにかかる1日分の拘束時間は、エステや店舗によって少し異なりますが、1時間半前後のプランが中心のようです。少なくとも5時間はかかるというクリニックなども存在するようです。
家庭用脱毛器とひっくるめても、ムダ毛を剃るモデルや抜き取るタイプ、サーミコンやフラッシュ、泡脱毛、レーザーを使って脱毛するタイプや高周波式のバージョンなど脱毛方法の種類がたくさんあってどれにしようか迷ってしまいます。
ちょっと前から、脱毛エステに通えない地域はない!と確信できるくらい、ものすごくお得なはたくさん増えました。0円のパッチテストや体験キャンペーンのサービスがあるようなムダ毛処理ができるというありがたい時代になりました。
脱毛専門店での針を使った永久脱毛は割と痛い、という人が多く評判が悪かったのですが、現在はさして痛みを感じない最先端の永久脱毛器を設置しているエステサロンも現れてきました。
両ワキの永久脱毛のメジャーな種類としては光脱毛、電気脱毛、ニードル脱毛等が存在します。エステティシャンの扱う光線に皮膚をさらして毛根の発毛細胞に働きかけ、ワキ毛を無くす効果的な方法です。
脱毛器の使用前には、入念にシェービングしてください。「カミソリを使っての処理を中止して、家庭用脱毛器に切り替えたのに」と言う人も少なからずいますが、面倒くさがらずに事前の処理を忘れてはいけません。
脱毛法とは?と言われれば、専用の脱毛クリームと脱毛ワックスといったものが。それぞれ薬局をはじめディスカウントストアなどで手に入れられるもので、値段も比較的安いために大勢の人の日用品となっています。
全身脱毛に用いる物、全身脱毛するところの肌質によっても1回分の処置時間が変わってくるので、全身脱毛にトライする前に、拘束時間はどのくらいか、尋ねておきましょう。
あちこちにある脱毛エステが混みだす梅雨の季節に行くのは、できるだけよしましょう。夏に間に合わせるなら前の年の秋の初めからサロンに行き始めるのが最良の時期と確信しています。
今では世界各国でメジャーで、身近な例を挙げると叶姉妹など顔を知られている女性がハイジニーナ脱毛に通っていたと打ち明けるほど、抵抗感がなくなってきた現代的な顔脱毛。
シェーバーなどで足脱毛をする好機としては、シャワーから出た時点がちょうどよいでしょう。足脱毛した後の肌のアフターケアは毛穴が閉じていない状態で行なわず、その日は何もしない方が賢いという考え方もあります。
今では複数箇所を施術する全身脱毛の割引キャンペーンを展開しているエステも現れていますので、それぞれの要望に応えてくれる脱毛エステの店に出合いやすくなっています。
少ない箇所の脱毛だったら構わないのですが、脱毛専門サロンでの全身脱毛であれば1回の処理に時間がかかるし、12カ月〜24カ月行くことになるので、店全体の雰囲気をよく見てから決定するのが賢明です。
足脱毛の予約日前にやめた方がいいのは毛抜きを用いて両ワキの毛を抜くことです。脱毛専用サロンにおいてはレーザーに皮膚をさらして処理をおこないます。ところが、毛抜きで毛をつまんで取ると光を行き渡らせることができず、足脱毛がきれいにできない事態が予測されるのです。
脱毛専門サロン選びで外れクジを引いたり後悔することはあってはなりません。今まで通ったことのないエステですぐに全身脱毛のコースを選ぶのは勇気がいるので、体験プログラムで見極めることでリスクヘッジしましょう。

 

 

肌の状態も長い期間自分で処理すると悪化の原因になるから脱毛してもらうほうがいいように思う。

脱毛に特化した脱毛エステにお客さんが殺到する6月〜7月あたりに申し込むのは、できる限り計画しない方がよいでしょう。ピークシーズンのことを考えて脱毛するのであれば、前年の10月前後に店に通い始めるのがベストの時期と確信しています。
ワキ脱毛には、専用ジェルを使う時と塗りこまない時があるそうです。脱毛時は皮膚を熱くしてしまうため、それによるトラブルや火照るような痛みを減らすために保湿が大切と言われています。
低価格にやる気をなくしてお粗末な仕事をする恐れはありません。ワキ脱毛コースだけなら1万円もしない料金でまず問題ないでしょう。キャンペーン内容を調べて比較検討してください。
一般的には、脱毛サロンに来店するのは、2〜3ヶ月おきになります。それを念頭に置いて、自分へのご褒美のつもりで「何かのついで」に気軽な感覚で出かけられるみたいな店舗のチョイスが大事です。
脱毛エステの脱毛施術を受ける人がとても増えていますが、コースが完了する前に中止する人も非常に多くいます。理由について調べてみると、痛くて続けられないという女性がたくさんいるのが現実です。
家庭用脱毛器とひとまとめにしても、中には剃り上げていくタイプや引っ張って抜くモデル、泡脱毛にサーミコン、フラッシュ、レーザー式のものや高周波を用いるものなどその種類がまちまちでよりどりみどりです。
都市部の脱毛専門店の中には、21時くらいまで施術してくれる嬉しい施設も少なくないので、仕事終わりにぶらっと立ち寄って、全身脱毛の処理やアフターケアを繰り上げることもできます。
ワキ脱毛が激安設定のエステサロンが多く存在しますよね。疑心暗鬼になるくらい、安価なケースが目立ちます。ですがもう一度、そのサロンの広告をに目を凝らしてください。約90%前後が初めて申し込んだ人だけと明記しているはずです。
全身脱毛に必要な特別な機械、脱毛してもらうところの肌質によっても1回あたりの拘束時間に差異が出てくるので、全身脱毛を始める前に、どのくらい時間をみておけばいいか、話を聞いておきましょう。
人気のエステティックサロンでは、永久脱毛とは別に顎と首周りのたるみ解消も同時進行できるプランや、顎から生え際までの肌の手入れも併せたメニューを選べる親切なサロンも珍しくありません。
現在でも医療機関に通うとなると割と料金が高いらしいのですが、脱毛専門サロンは割と価格が懐に優しくなったのだそうです。そんな安いお店の中でも目立って安いのが全身脱毛を専門に行うサロンです。
機械の種類ごとにムダ毛処理に必要な時間や労力はもちろん違いますが、市販されている家庭用脱毛器はピンセットや毛抜きといったもの手動の器具と対比させると、とても短時間でムダ毛を抜けることは間違いありません。
流行りのデザインや形に整えてほしいというリクエストも受け付けますよ!プロがおこなうフェイス脱毛を開始する時には費用のかからないカウンセリングが間違いなく行われるはずですから、後々後悔しないように質問してみてください。
プライベートな部分のフェイス脱毛は肌の弱いところの毛を抜くことになるので、自宅で処理すると色素沈着や黒ずみの原因になったり、股またはおしりをうっかり傷つける結果になり、その辺りからトラブルが起きることも考えられます。
脱毛サロンに導入されている「フラッシュ脱毛」は、名称から想像できるように、光を使ってムダ毛を処理するという特別なやり方です。フラッシュは、性質的に黒い物質に強く反応します。すなわち毛を生み出す毛根のみにダイレクトに作用します。

 

 

全身脱毛は2時間もかからないし、1か月に2回のハイペース。

脱毛専門サロンでは、弱い光を利用するフラッシュ脱毛がメジャーで、医療用レーザー機器を取り扱った美容クリニックにおける全身脱毛は、光の出力が弱くなく、そうではないエステに比べると脱毛回数や期間が短い傾向がみられます。
ワキやVラインも大切ですが、他の部位と比べると特に首から上は火傷を負ったり傷を残したくない重要なパーツ体毛が生える可能性が低い永久脱毛を頼む箇所には十分な考慮が必要でしょう。
街の美容外科が永久脱毛に応じていることは周知の事実ですが、多くの皮膚科で永久脱毛に応じている事実は、結構知らない人が多いと聞きました。
フェイス脱毛は、一切尻ごみするようなものではなかったし、ケアしてくれるエステティシャンも真剣に行ってくれます。事あるごとに行ってよかったなとしみじみ感じています。
針を扱う永久脱毛は想像以上に痛い、というイメージがあり、不人気だったのですが、今の世の中、あまり痛くない特別な永久脱毛器を設置しているエステサロンがたくさんあります。
全身脱毛するのに必要な1回分の所要時間は、エステや脱毛サロンによって微妙に違いますが、1時間から2時間くらいするところがほとんどのようです。5時間以下では終了しないというすごい店も存在するようです。
ターミル駅の近くにあるようなエステサロンの中には、21時くらいまで予約を受け付けている行きやすいところも出てきているので、お勤め帰りに行って、全身脱毛の施術やアフターケアをしてもらうこともできます。
脱毛クリームや除毛クリームは低価格の割に効果を実感しやすく、自分の家で簡単に行える脱毛アイテムです。一方、毛抜きは腕や脚のムダ毛ではとても広い範囲の脱毛処理をしなければならず、ベストな選択ではありません。
現実的にエステティシャンによるワキ脱毛に通い始めた理由で、最も多いのは「同僚の経験談」だそうです。仕事に就いて、少し経済状況が改善して「私も脱毛しよう!」と決める人が想像以上に多いようです。
VIO脱毛は割合毛が薄くなり始めるのが早いのですが、にしても最低6回は脱毛が必要でしょう。今エステが通いをしている私も3回目くらいで発毛しにくくなったように感じ取ることができましたが、カミソリとおさらばできるレベルだという実感は未だにありません。
ためらっていましたが、雑誌の特集で有名なモデルさんがエステサロンでのフェイス脱毛を受けたときのインタビュー記事を見かけたことが引き金となって決意を固め、脱毛専門店へと足を向けたのです。
永久脱毛サロンは多く存在し、その内容もバラエティ豊かです。忘れてならないのは有料ではないカウンセリングで話し合って、自分の考え方に近い方法・中身で、相手を信じて施術を受けられる永久脱毛サロンを探し当てましょう。
ワキ脱毛は1回の処理できれいに発毛しなくなる夢のような話ではありません。ワキ脱毛に通う期間は1人が受ける施術は片手で数えて丁度くらいで、数か月おきに一度脱毛しに行く必要があります。
女性に人気があるワキの永久脱毛の主なやり方としては光脱毛、電気脱毛、ニードル脱毛等が用意されています。強いレーザーをワキに照射して毛根を機能不全にし、毛を除去するといった最新の方法です。
近頃では人工でない人間の肌に良い成分が入った除毛クリームと脱毛クリームなどいろいろなものがあります。原材料の表示を確認してから買うと失敗しないはずです。

 

 

顔がきれいになるって何よりも人生で大切なこと

顔脱毛に通う事で今まで身に着けられなかった下着や水着、洋服を気軽に楽しめるようになります。オープンに臆することなく内面からのパワーを振りまく女性の姿は、お世辞抜きにしてカッコいいといえます。
脱毛器を用いる前には、じっくりとムダ毛を剃っておくのがポイントです。「肌が弱いからカミソリでの処理は止めて、わざわざ家庭用脱毛器を購入したのに…」と嫌がってシェービングしない人も少なからずいますが、だとしても必ず事前に処理しておくことが大切です。
美しい仕上げのムダ毛処理をしたい人は、エステで施術を受けるのが一番の選択肢です。今ではどのエステサロンでも、初めて脱毛を経験する人をターゲットとするお得なキャンペーンを展開しています。
1〜2か所の脱毛なら良いのですが、エステでの全身脱毛だと1回の脱毛に時間がかかるし、1年以上行くことになるので、店内や技術者の雰囲気を判定してから契約書にサインするようにしてくださいね。
脱毛エステを見つける時に大切な点は、技術料の安さだけとは決して言い切れません。何よりスタッフが優しかったりしっかりしていたり、安らげる時間が流れていることも大切な要素になるはずです。
ここ最近vio脱毛の需要が高まっていると聞きます。自己処理が難しいデリケートな部分もいつも衛生的にしていたい、恋人と会う日に気後れしないように等。理想像はお客さんの数だけあるので、何も特別なことではありません。
脱毛サロンによっては、VIO脱毛が始まる前には自宅で剃っておく必要がある場合があります。充電式の電動シェーバーが家にある人は、ビキニラインや口周り、ほほを一回剃っておくとスムーズに施術できます。
エステサロンがキャンペーンで激安の足脱毛をサービスしているからという理由で、疑う必要は全くもってありません。初めて脱毛する女性だからこそいつにも増して丹念に気遣いながら両ワキの体毛を処理してくれます。
永久脱毛を実施してくれるエステサロンは非常に多く、施術内容も千差万別。大切なことはお金のかからないカウンセリングで話して、あなた自身の希望する方法・中身で、納得してお金を払える永久脱毛サロンを探し当てましょう。
他の国に比べると日本では相変わらず脱毛エステは“値段が高い”というイメージが強く、家庭用脱毛器などを使って自分で誤った処理をして失敗したり、肌のトラブルを引き起こす事例もたくさんあります。
永久脱毛の価格の相場は、顎、両頬、口の周囲などで1回約10000円以上、顔全体で5万円くらいからのエステがほとんどのようです。毛を抜く時間は1回約15分で、8〜10回ほど足を運びます。
脱毛の施術に必要な専用機器、全身脱毛する範囲によっても1日分の拘束時間が大幅に異なるので、全身脱毛に着手する前に、おおよそ何分後に終わるのか、質問しておきましょう。
両ワキやヒザ下などの部位の他にも、皮膚科などの医院や脱毛に強いエステティックサロンでは顔の永久脱毛も受けられます。顔の永久脱毛も電気を使う脱毛やレーザーを使用した脱毛を使用します。
複数箇所を施術する全身脱毛の拘束時間は、毛量や濃さ、硬さなどによって大きく差が生まれ、剛毛と言われているような硬くて濃いムダ毛の体質だと、1回あたりの拘束時間も多めに取るパターンが多いです。
例え手軽だったとしても禁じられているのが毛抜きを使用して毛を抜くことです。脱毛サロンにおいては光をお肌に浴びせて足脱毛します。しかし、毛抜きを使ってワキ毛を除去すると上手に肌を照らせず、足脱毛が失敗することも十分あり得るのです。

特別な日は楽しい。

日々思うこと、イベント、生活の変化を書き綴っています。

 

我が家の外食ランチは堂々巡り

我が家では、休日になると必ずと言っていいほどランチは外食です。しかし、毎週のように外食をしているとある程度行くところも決まってきてしまいますし、だからと言って新しいところへ行ってみて味でがっかりしたくないし、子供が2人もいる我が家としてはあまり高いお店には行けません。どのお店に行こうか決めかねるときには、必ず4歳の長男にお伺いを立てたりするのですが、帰ってくる返事は毎回決まっていて、うどんかお寿司。うどんは家でもいつでも食べることが出来るので、必然的に無難な100円の回転寿司となります。時々遠くのお店に行ってみようということになったりするのですが、グダグダと行く場所を決めかねてからの事なので、時間も遅くなってしまって結局は近場に落ち着いています。最近ではクーポン付のフリーペーパーを活用したり、地元の友人に新しいお店の情報をもらったりもしているのですが、やはり最終的には定番のお店を順番に回っているような感じになってしまいます。

 

 

楽しみにしていた番組が打ち切りになる焦燥感よ。

はなまるマーケットが来年打ち切りになるというので、あまり見たことがなかったのだが気になって見てみた。娘を幼稚園に送りだして家に帰ってきたらちょうど番組の途中で、今までも数回は見たことはあった。まあ家事をする朝のばたばたの時間にテレビをつけているといった感じなのだが。今日は、ちょっとコーヒーを飲みながらソファに座ってしっかり見てみた。面白い。毎日見たいくらい面白い情報番組だと思った。ゲストに坂上忍さんが出ていたが、この方がまた面白い。ゲストのコーナーはひきつけられて見入ってしまった。坂上さん、なんという潔癖。嫌みな感じな人なのに人はひきつけるし、やる気なさそうなのに話が面白い。タレントとしての能力はやっぱり高いのだなあと感心させられてしまった。その他、ジェネリック家電について取り上げられていたが、知らないことばかりでためになった。これからは毎日見てみよう。それにしても、どうして打ち切りになってしまうのだろう。こんなに面白いのに。

 

 

右利きの文化と習い事

お習字の日。いつも娘と一緒に通っています。でも娘が風邪気味なので私一人で行きました。そもそもお習字を始めた最大の理由は、左利きの娘をなんとか右手で文字を書かせたいと思ったからです。文字は右手で書くようにできているのだから、右手で書けた方が良いに決まっています。元来左利きでも、右できれいな字を書けるようになった人を何人も知っているので、諦めたくなかったのです。左利きの矯正については、いろんな意見があって、そんなことをしたらストレスで吃音になるとか、中には左利きを差別するのかと怒りだしたりする極端な人もいます。でも私は、日本人である限り日本の文化をきちんと身につけさせたいと考えます。日本は右利き文化なんだもの。この先、子供たちに茶道をやらせたいとも思っていますが、右が不自由だと、茶道のあんな動作やこんな動作はちょっとキビシイかなぁ。とりあえず、箸だけは右で持つ習慣はついているので、それで良しと思うべきなのでしょうか。